パルクレール美容液

ニキビと女性ホルモンの関係

女性の体は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類のホルモンのバランスによって一定の周期で少しずつ変化しています。
卵胞ホルモンは、肌の水分量やコラーゲンを増やして、女性らしさや若々しさをサポートします。

 

黄体ホルモンは、妊娠や出産時に必要不可欠なホルモンですが、黄体ホルモンが多く分泌される時期は、さまざまな不調をもたらす時期でもあるのです。
イライラしたりと精神的に不安定なったり、皮脂の分泌が盛んになったり、便秘がちになったりします。

 

このように、皮脂の過剰分泌と、便秘によって老廃物が体に溜まったままの状態が続くことが、ニキビの原因となります。
女性が妊娠すると黄体ホルモンが多く分泌されますので、マタニティーの方はニキビができやすいのは、このためです。

 

また、生理が始まる2週間前の排卵日から生理前までを黄体期といい、卵胞ホルモンよりも、黄体ホルモンの値が優位になるため、生理前にはニキビが出やすくなるのです。
生理が始まると、黄体ホルモンよりも卵胞ホルモンの値が優位になりますので、肌のトラブルも緩和されてきます。

 

このように女性ホルモンの分泌量とニキビは深い関係があるため、ピルの服用を避妊のためでなく、ニキビのために継続している女性も多いです。

 

こうした大人ニキビには肌環境を整えてくれるパルクレール美容液がお勧めです。
パルクレール美容液はニキビコンシェルジュがいてお悩み相談にも乗ってくれるのでとても心強いんです。

ニキビと自律神経の乱れ

 

肌トラブルの原因の一つに、自律神経の乱れがあげられます。
自律神経とは、全身に張り巡らされており、交感神経と副交感神経の2種類の神経によって、体内の機能をコントロールしています。

 

交感神経とは、運動している時や興奮したりなど、身体が活発に活動している時に作用する神経です。
一方副交感神経は、リラックスした時など、身体を休めている時に作用する神経です。

 

双方の神経がバランスを保つことによって、安定した状態を維持することができます。
しかし、イライラなどストレスを感じてしまうと、交感神経が優位に働くと男性ホルモンが過剰に分泌され、皮脂の分泌量を高めてしまいます。

 

過剰な皮脂の分泌は、毛穴を詰まりやすくさせ、ニキビの発生を招いてしまいます。
そうならないためにも、ストレスを排除した生活を心がけなくてなりません。

 

しかし、ストレス社会と言われている現代、ストレスを感じないのは難しいですので、ストレスを上手に発散させて、交感神経と副交感神経のバランスを整える生活習慣を心がけることが予防につながつと言えます

ニキビ肌の予防や改善に役立つスキンケア

ニキビは毛穴に皮脂がつまり、そこにアクネ菌が増殖して炎症を起こした状態のものをいいます。
ホルモンの関係から、ニキビは思春期に多くみられますが、肌質や生活習慣によっては大人になっても悩まされることがあります。

 

お肌にニキビをつくらないためには、スキンケアをしっかり行う必要があります。
ニキビができにくい肌にするためには、お肌の皮脂が分泌されにくい状態をつくること、肌をきれいに保つことが大事になります。
顔をゴシゴシ洗うと皮膚を痛めてしまいますので、洗顔剤をよく泡立てて、泡で顔を包む要領で汚れを浮かして落とします。

 

お肌の状態を維持するには、洗顔後の保湿もポイントです。
乾燥した状態の肌は、皮脂バランスが崩れやすくなるので、ローションは毎回たっぷりとつけるようにします。

 

スキンケアの中でも、とくにニキビ肌用に開発されたコスメを使用するのも、ニキビ肌の改善に役立ちます。
ニキビ予防に有効だと言われている化粧品には、抗炎症作用があるビタミンや、硫黄などが配合されています。
スキンケアの仕上げには油分を含むクリームや乳液で乾燥対策をすることが一般的ですが、ニキビ対策のためには、あまり油分が多くないタイプのクリームや乳液がいいでしょう。
にきびが何もない時ならば、ニキビ肌の改善のために、フルーツ酸などが含まれている洗顔剤でのピーリングもいいでしょう。

 

固くなった角質層を薄く剥がし取ることで、みずみずしく新しい肌を表層に露出されることができるといいます。