パルクレール美容液

あごニキビケア

顎ニキビで10年以上悩んでます。
ニキビが顎にだけできやすいのですが、これまで色んな対策をしてきました。ホルモンバランスの乱れの方に着目し、病院で処方される、低容量ピルを毎日のんでみたりしました。
ですが、ニキビにダイレクトに効き目はあまり感じられませんでした。
その他に、ニキビに効くという通販化粧品も試しました。それも、あまり効果がなく、無駄に終わってしまいました。
洗顔をしっかりするように心がけたり、やはりホルモンバランスの面から、冷えないように心がけたり、できたニキビをあまり触らないようにしてみたり。
病院で処方されるお薬も試しました。
黄色いチューブのお薬ですが、こちらは割と効き目が感じられました。
塗って寝るだけなんですが、毎日繰り返していると、ニキビが小さくなってきたように感じました。しかしもう良いかと思って塗る事を止めてしまうとまたしっかりプツプツと出来てきました。
薬もその都度もらいに行かなければならないので、こちらは諦めました。
今は化粧品とエステをしています。特にエステのときに、ニキビに効き目があるオイルエステをしてもらいます。
これをしてもらった1週間後くらいに、顎ニキビの芯がポロポロと取れ、ニキビの炎症が治まります!
今はこのエステと化粧品でニキビがマシになってると思います。

顔(とくにあごを触らないようにきをつける)。
顔にかからないヘアスタイルにする。
スタイリング剤をつけすぎないようにする。
あごのニキビはホルモンと関係あるときいたことがあるのでホルモンバランスを整える。
ストレスを少なくする。

 

なかでも一番効果を感じたのは「さわらないこと」でした。
気になるとどうしても手が行ってしまいますよね。なのであごニキビを隠そうとファンデーションを厚塗りしたりせずに、アイメイクなどに力を入れて、目線をそちらにもっていくように工夫しました。
時にあごにきびには「かゆみ」を伴うものもあるので、そのような時には皮膚科を受診しました。
ビタミンなどの飲み薬の他、塗り薬がとてもよく効いた時があります。年齢的なものや、食生活、ヘアスタイルなどいろいろな要因があるようですが、そのほかだと「洗いすぎないこと」も大切なケアの一つだということ。
石鹸の洗い残しなどで余計に肌に負担をかけたり、余分な皮脂が出てニキビを誘発している場合もあるようです。

私は幼いころからニキビに悩まされていました。
あごラインにニキビが出来た時に外出しなければならない状況ではマスクをするという対策をとっていました。
口元を隠してくれるので簡易な方法としてよくこの方法をとっていました。
外でマスクを外さなければならないとき(会社・学校など)やマスクをせずに外出したいときはファンデーションを使って隠しています。
方法としてはまず、赤みを隠すクリームがあります。最近はファンデーションコーナーによく置いてありますが自分に合うのを試してみてください。
そのクリームをニキビ箇所に塗ります。
その上からいつも行っているメイクをするだけです。そうするといつもよりニキビが目立たなくなります。
家でケアをする際は塗り薬や貼り薬、飲み薬などいろいろ試しました。
塗り薬は顔がべとべとになったり、ベッドが汚れたりする為あまりおすすめはできませんが自分になじむ薬がある場合は良いと思います。貼り薬は塗り薬とは違い顔がべとべとにならず、ベッドも汚れたりしませんのでおすすめですが、寝ているときよく動いたりうつ伏せになる人は剥がれてしまうかもしれません。
飲み薬は体の中からニキビに作用するので一番おすすめ出来ます。
外からダメな時は中からもやるといいと思います。私は外と中の両方からケアをしていますが以前より治りが良くなりました。

おでこのニキビよりもあごまわりのニキビに悩みます。
ニキビ薬や治療薬でなんとかしようとする前にたっぷり保湿することにしています。
一番手軽なのはビックボトルで売っているハトムギエキス入りの化粧水です。あれをコットンにたっぷりとって顎部分にパックし、その上から普通のパックをして保湿します。
乾燥による油分のせいでニキビが出てしまうことが多いので普段から保湿対策をしてニキビができないようにしています。
また、清潔に保つために枕カバーは毎日洗うようにしています。
洗えない時は新しいタオルを枕にしいていつも清潔な状態にしています。

 

それでもニキビができてしまいそうな時は、マキロンで消毒をします。そうすると赤いニキビなら小さくなって炎症を止めることが出来ます。
こちらはここぞのケアとしてピンチの時にやっています。
また、基本的なニキビ薬はペアアクネを使用しています。こちらが今までのニキビ薬の中で一番効きました。
またハトムギエキスの化粧水以外には、ニキビを防ぐグリチルリチン酸を配合した化粧水をたっぷり使用することにしています。