パルクレール美容液

プロアクティブは外国製 パルクレールは日本製

日本のニキビ化粧品で一番知名度は高いのはプロアクティブではないでしょうか?
そして、ニキビに悩む多くの人が、手に取っているのもプロアクティブでしょう。

 

しかし、本当にプロアクティブは効果的なのでしょうか?
実はプロアクティブ、良かったという人も多いのですが
乾燥やピリピリ感など肌トラブルを強く感じるという人も多いのです。

 

人の肌は千差万別なので、合う合わないは確かにありますが
プロアクティブの場合は、日本人の肌に合わないという話もあります。

 

なぜならプロアクティブは外国人の肌で作られた化粧品だからです。
白人の肌は、白いし弱そうなイメージがありますが、キメが荒くごわついた肌だけど白くて強いということはご存知でしょうか?
逆に、黄色人種である日本人はキメが細かく柔らかい肌なので、白人より肌が弱いのです。

 

ですから、日本人の肌にプロアクティブは刺激が強く、肌トラブルを感じる方が多いのです。
基本的には良い商品なのでしょうけどね・・

 

だからこそ、パルクレール美容液のように、日本人の肌のために作られた日本製のニキビ用化粧品の方が肌トラブルが起きにくいのです。
もちろん、パルクレール美容液はプロアクティブに負けないほどのニキビへの効き目があります。

 

プロアクティブが人気が出た秘密な理由

 

ニキビ化粧品の代名詞がプロアクティブになるくらい、人気が出たのはどうしてでしょう?
もちろん、CM効果もあるでしょうが、それだけではありません。

 

もともとプロアクティブはアメリカで開発され、アメリカで大人気のニキビ化粧品として日本に上陸したのです。
本当にアメリカではニキビが改善したという事例が多数あり、効果があるのです。

 

しかし、日本で売られているプロアクティブはアメリカのプロアクティブと成分が異なるのをご存知でしょうか?
しかも、一番大切な成分ベンゾイルパーオキシド(過酸化ベンゾイル)が日本製のプロアクティブには含まれていないのです。

 

何故なら、ベンゾイルパーオキシド(過酸化ベンゾイル)は日本だと認可されていない薬剤のため薬事違反になってしまい、配合すると薬扱いなので化粧品であるプロアクティブには配合できないからです。
もし過酸化ベンゾイルを配合した化粧品が欲しければ、日本の場合だと医者の処方箋が必要です。
もちろん、保険は適用外で自由診療になるため、病院によって価格が異なります。

 

つまり、元々外国製で外国の人の肌に合うように考えて作られたプロアクティブより日本人の肌に合うように作られたニキビ化粧品であるパルクレール美容液やパルクレールジェルの方がトラブルが起きにくいというメリットがあるのです。